vol.42 ひときわにぎわう、終い天神と初天神

385_vol.54最終cs 学問の神様・菅原道真公を祀る北野天満宮では、道真公の誕生日6月25日と命日2月25日にちなみ、毎月25日に縁日が開かれています。骨董品や着物、食器など、
1000軒以上の様々な露店が並び、掘り出し物を求めて足しげく通う方もいるとか。縁日がいつ始まったのかは定かでありませんが、もう何百年と続いており、京都
では「天神さん」と親しみを込めて呼んでいます。さて、そんな「天神さん」が、ひときわ盛り上がりをみせるのが12月25日の「終い天神」と1月25日の「初天神」
。とくに「終い天神」は、正月用の飾りなどを扱う露店も多く、年の瀬の活気に包まれます。その日がクリスマスであることを忘れてしまいそうな、正月気分の縁日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です