京都の美術250年の夢 第1部江戸から明治へ ―近代への飛躍

京都市美術館のコレクションの神髄である「京都の美術」をかつてない規模で全国から集め3部に分けて紹介。第一部となる本展では、円山応挙の写生画や与謝蕪村の文人画の時代にまで遡り、伊藤若冲、池大雅、曾我蕭白、松村呉春、長沢芦雪などで、京都における江戸美術の精華を紹介します。

お申込みはコチラ