ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか

古代から19世紀まで、約110点の傑作が集結。まさに“ルーヴルの顔”が来日。

アントワーヌ=ジャン・グロ 《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》1796年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom

詳しくはコチラ