特別展 「毒」

「毒」は基本的にヒトを含む生物に害を与える物質として理解されています。私たちは、天然に存在する「生物に何らかの作用を与える物質」のうち、人間にプラスに働くものを薬、マイナスに働くものを毒と呼んでいるのです。本展では動物、植物、菌類、そして鉱物や人工毒など、自然界のあるゆるところに存在する毒について、各研究分野のスペシャリストが徹底的に掘り下げ、それぞれの視点で解説していきます。

■販売期間:3月16日まで
■会期:3月18日㊏~ 5月28日㊐
■休館日:月曜日 (ただし、3月27日、4月3日、5月1日は除く)
■開館時間:9:30~17:00 ※入場は16:30まで
■会場:大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
(花と緑と自然の情報センター2階)

お申込みはコチラ