幕末土佐の天才絵師 絵金

謎の天才絵師とも呼ばれる土佐の絵師・金蔵は、幕末から明治初期にかけて数多くの芝居絵屏風などを残し、「絵金さん」の愛称で、地元高知で長年親しまれてきました。本展では幕末の土佐に生き、異彩を放つ屏風絵・絵馬提灯など数々の作品を残した「絵金」の類稀なる個性とその魅力をご堪能ください。高知県外では約50年ぶりの大規模展です。

■販売期間 : 4月20日まで
■会期 : 4月22日㊏~6月18日㊐
(前期:4/22~5/21 後期:5/23~6/18)
■休館日 : 4月24日㊊、5月8日㊊、5月22日㊊
■時間:火~金10:00~20:00  月土日祝10:00~18:00 (入館は閉館の30分前まで)
■会場 : あべのハルカス美術館(あべのハルカス16階)

お申込みはコチラ