日常のマナー 時間管理のマナー(2015/09)

誰にでも平等に与えられているのが「時間」です。1日24時間が与えられていますが、その限られた時間内で、あれも、これも、できるわけではありません。
私たち社会人には勤務時間があります。その制約の中で、どれだけ活きた時間をつくるかが、時間管理のポイント。それには、仕事の優先順位を「重要度」、「緊急度」で判断して進めることが大切です。


仕事は与えられた作業を終わらせることではなく、与えられた時間の中で目的を達成することです。新人のときから、「限られた時間の中で、いかに成果をあげるか」「どう工夫すれば速く終わらせることができるか」を常に考えて仕事をすることが社会人として大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です